輸入住宅への想い

弊社とカナダ輸入住宅

カナダ背景

平成27年11月、私ども(株)協栄ホームはセルコホーム奈良として、カナダ輸入住宅のセルコホームとパートナーシップを結びました。

年月が経つ程価値が下がるとされる日本の住宅とは違い、欧米では新築よりも古い建物程資産価値が あがると言われています。

年月をかけて価値を上げ、長く住み続けるためには高い性能が必要です。 そんな輸入住宅の長く住み続けるための高性能に我々も目をつけました。

カナダ輸入住宅

日本の伝統的な在来工法も高性能で、高品質ですが、多様化するお客様のニーズにお応えするために、 性能だけでなくデザイン性にも優れたカナダ輸入住宅を弊社でも取り扱うことを検討しました。

昨今、輸入住宅ならではの外観デザイン、木の風合いをいかした室内空間、モールディングや建具などの質感やデザインに魅力を感じる人が多いようです。カナダ輸入住宅のセルコホームにおいても豊富なデザインに加え、床材や収納の木製扉に使われている無垢材、塗装の壁など、素材の質感もとても魅力的です。

そしてまた、北米のスタンダードである2×6(ツーバイシックス)工法や2×4(ツーバイフォー)工法 といった、壁や床の「面」で支えて強度を確保する工法は地震に強いとされています。地震大国の日本にとっても大きなメリットといえます。

さらにカナダ輸入住宅は、優れた高気密、高断熱の性能により、外気の影響を受けにくく、夏は涼しく冬は暖かいというように、ランニングコストを大幅に削減することができる省エネ住宅ともいえます。

カナダは大規模木造建築先進国です。

カナダ森林

地球上の10%の森林を保有する世界最大の森林資源国であるカナダ。その広大な国土の45%が豊かな 森林におおわれています。カナダで育った木材を使うその住宅は100年以上も住み継がれるほど丈夫です。寒冷地で育った良質な木材は丈夫である上に、グレードも高い木材です。

同時に、カナダは世界最高レベルの環境基準や省エネ基準を設けることで住宅そのものの性能を高めた、 世界有数の住宅先進国でもあったのです。

高性能で多彩なデザインのカナダ輸入住宅を適正価格で!

セルコホームではその良質な木材のほとんどが低価格で手に入ります。カナダには1本伐採したら 3本植樹しなければならない、厳しい環境保護ルールがあります。

セルコホームで使われている木材も このルールを守り、安定した資材の供給と資源の保護を充たしているのです。

カナダ輸入住宅

そんな高性能な輸入住宅は高価と思われているでしょうが、セルコホームは、2×6工法や2×4工法のメリットを最大限に活かし、資材全体の8割ほどを現地で組み立てパッケージ輸入しています。しかも年間契約で、 現地専属サプライヤーから一括直輸入するので、資材費が低く、組み立ての現場労務費も低くする ことができました。その他にも考えられる限りの独自システムによるコストダウンを重ね、価格を抑えているのです。

私ども株式会社協栄ホームが、セルコホーム奈良として、カナダの輸入住宅セルコホームとパートナーシップを結ぶことにより、お客様の理想の住まいの夢を叶える選択肢の一つになればと考えております。

2018/06/21